トップページ

スピーカーの素材となる良質な木材が豊富で年間降雨量が少なく、木材の乾燥や加工に適した八ヶ岳山麓に工房を開きました。

オーダーを頂いてから、ハンドメイドでスピーカーを製作しています。

地元の丸太を厳選して入手し、乾燥を均一に進めるための前加工をして十分乾燥させます。
次に丸太を刳り抜いて本体を製作します。
同時に丸太から音響コアを削り出し、その他の数多くの部品も製作します。

スピーカーカバーの透かし彫りなど精緻な部材は、設備の有る東京へ一旦運んで加工します。
ご希望の「銘」や文字等の加工も東京です。

全ての部品が揃ったところで、塗装を何重にも重ね仕上げます。
漆塗りについては、170km離れたときがわ町の漆器工房「木の器」へ送り、2週間かけて漆を塗り重ねます。

そしていよいよ組み上げ。ドライバーユニットや電装部品等を取り付けて姿が完成します。

ここから約1週間かけてスピーカーのエイジングを兼ねて、音の作りこみを行います。

納期については、ご注文を頂いた際にご相談させていただきます。

トピックス

  • ■【2aRs2】とは

  • Active Acoustic Radiation Speaker Systemを表すブランド名です。       上方に向けたスピーカーとその音を水平方向180度と水平から上方45度に広げて反射
    する三角錐状の音響コアにより、音が立体的に聴こえるスイートスポットを広げると
    共に、音を乱す原因となる床や家具への反響を抑える新しいスピーカーシステムです。

ニュース

2014年12月27日
「櫻」モデルを開発しました。
2016年08月24日
「小魅」モデルを開発しました。
2016年10月08日
「IZMAY」モデルを開発しました。
2014年11月20日
「魅音」タイプを開発しました。
2017年03月31日
春芸展に魅音が出展されます
» 続きを読む