開発中製品

製品一覧

ISMAY (イズメイ)

IZMAY


 音響コアの部分は無垢材なので、一つ一つ模様が異なります。
 本体底面に、ご希望の銘やメッセージを刻みます。(有料)

 使っているスピーカーユニットは既にメーカーで生産を終了しています。
 小さいながら非常に高音質のユニットで、音が気に入って多数確保しましたが、在庫が
 なくなり次第このモデルは終了となります。 

【2aRs2】を手軽に楽しんでいただくために開発したモデルです。
普及モデルですが、音を制御する音響コアやスピーカーユニットの振動を抑える懸架方式等の音を創りだす基本的な構造は「小魅」タイプと全く同じです。

主にデスクトップ・オーディオや Near Field Listening向きですが、約6畳までの室内でしたら十分な性能を発揮します。
PCモニターやテレビの両側に置いて動画を観ると臨場感が高まります。

ヘッドフォンをご使用の方にもお勧めです。

■仕様 (予告なく変更する事が有ります)
寸法:W116×H226×D126 (mm)、重量:830g
材質:PV(胴体)、樹齢約30年の唐松(音響コア)MDF(ポート等)
再生周波数帯域:80Hz~20KHz、インピーダンス:4Ω
定格入力:20W 

■予定価格 \89,800+送料 (ペア)


2016年10月30日

「小魅」(シャオメイ)タイプ

makine


 無垢材を加工していますので、一つ一つ模様や細部が異なります。
 本体底面に、無料でご希望の銘やメッセージを刻みます。

 使っているスピーカーユニットは既にメーカーで生産を終了しています。
 小さいながら非常に高音質のユニットで音が気に入って多数確保しましたが、在庫が
 なくなり次第このモデルは終了となります。
  
■開発の経緯
樹齢約30年の唐松を刳り抜いて漆塗りで仕上げました。
ある建築事務所の代表が「魅音」を見て、「机に気軽に置ける小型のモデルが欲しい。顧客もきっと欲しがるだろう。」と注文しました。
表面加工と漆仕上げをときがわ町の「木の器」で行っています。

■使用環境
主にデスクトップ・オーディオや Near Field Listening向きですが、約6畳までの室内でしたら十分な性能を発揮します。
PCモニターやテレビの両側に置いて動画を観ると臨場感が高まります。

ヘッドフォンをご使用の方にもお勧めです。

■使い込むほどに音が良くなる仕組み
無垢の木材を加工し漆で仕上げていますので、高価な弦楽器と同じように使い込むほどに、時間が経つほどに木が熟成されて響きが増します。末永くご愛用頂けるように、消耗したスピーカーユニットは実費で交換いたします。

■仕様 (予告なく変更する事が有ります)
寸法:W138×H244×D140 (mm)、重量:990g
材質:樹齢約30年の唐松(胴体、音響コア)、MDF(ポート等)、全漆塗り
再生周波数帯域:70Hz~20KHz、インピーダンス:4Ω
定格入力:20W 

■予定価格 \149,800+送料 (ペア)

 


2016年10月29日

「櫻」タイプ

sakura


 音響コアの部分は無垢材なので一つ一つ模様が異なります。
 本体底面に、無料でご希望の銘やメッセージを刻みます。

■開発の経緯
丸太を刳り抜いた試作スピーカーを見た鉄工所の社長が「鋼鉄で作ったらどんな音がするだろう?」とつぶやいたのがきっかけで、富士見鉄工株式会社と共同開発しました。
強靭な厚み6mmの構造用鋼で本体を製作していますので、力強い音を奏でます。

末永くご愛用頂けるように、消耗したスピーカーユニットは実費で交換いたします。

■使用環境
約30畳までの室内で性能を発揮します。
デスクトップ・オーディオや Near Field Listening にも使えるように、本体高さを約40cmに抑えています。
PCモニターやテレビの両側に置いて動画を観ると臨場感が高まります。

■仕様 (予告なく変更する事が有ります)
寸法:W260×H410×D290 (mm)、重量:10Kg
材質:構造用鉄鋼、樹齢約50年の唐松(音響コア)スプルース(ポート等)
再生周波数帯域:40Hz~40KHz、インピーダンス:4Ω
定格入力:30W (最大瞬間入力:150W)

■予定価格 \149,800+送料 (1本当たり)


2016年10月28日

「魅音」タイプ

mion


 無垢材を加工していますので、一つ一つ模様や細部が異なります。
 本体底面に、無料でご希望の銘やメッセージを刻みます。

■開発の経緯
樹齢約50年の唐松を刳り抜いて漆塗りで仕上げました。
試作スピーカーを見た漆器工房の代表が、「漆で仕上げたらどんな音がするだろう?」とつぶやいたのがきっかけで開発に至りました。
表面加工と漆仕上げをときがわ町の「木の器」で行っています。

「音に魅せられた」と代表が漏らした言葉が銘「魅音」の由来です。

■使い込むほどに音が良くなる仕組み
無垢の木材を加工し漆で仕上げていますので、高価な弦楽器と同じように使い込むほどに、時間が経つほどに木が熟成されて響きが増します。

末永くご愛用頂けるように、消耗したスピーカーユニットは実費で交換いたします。

■使用環境
約30畳までの室内で性能を発揮します。
デスクトップ・オーディオや Near Field Listening にも使えるように、本体高さを約40cmに抑えています。
PCモニターやテレビの両側に置いて動画を観ると、臨場感が高まります。

■仕様 (予告なく変更する事が有ります)
寸法:W280×H410×D300 (mm)、重量:6Kg
材質:樹齢約50年の唐松(胴体、音響コア)、スプルース(ポート等)、全漆塗り
再生周波数帯域:40Hz~40KHz、インピーダンス:4Ω
定格入力:30W (最大瞬間入力:150W)

■予定価格 ¥199,800+送料 (1本当たり)

2016年10月27日