音楽を楽しむおすすめ動画 #003

YouTube

■Johnny Mathis-When a child is born

クリスマスが近づくとこの曲が恋しくなります。曲名は簡単な単語のみで、直訳すると「子供が生まれる時」となります。これがなぜクリスマスの曲かというと、「子供」は一般の子供ではなく、「キリスト」だからです。

歌詞を辿っていくと「その子は大きくなって涙を笑い声に、憎しみを愛に、戦争を平和に、そして皆をみんなの隣人に変えるでしょう」と、その事がだんだん見えてきます。

しかし最後は、「それは今となっては夢幻になっている」と終わります。

美し曲であり歌詞なので、クリスマスシーズンでなくてもたまに聴いています(笑)。英語の歌のyouやchildやfatherは、神やキリストを示すことが有るので意味を介するときは要注意です。

聞き取った歌詞を記しますが、間違っている箇所があるかもしれませんのでご自分の耳でお確かめください。

Johnny Mathis – When a Child Is Born (from Home for Christmas)

A ray of hope flickers in the sky

A tiny star lights up way up high

All across the land dawns a brand new morn

This comes to pass when a child is born

 

A silent wish sails the seven seas

The winds of chang whisper in the trees

And the walls of doubt crumble tossed and torn

This comes to pass when a child is born

 

A rosy hue settles all around

You’ve got the feel you’re on solid ground

For a spell of truth no one seems forlorn

This comes to pass when a child is born

 

And all of this happens

Because the world is waiting

Waiting for one child

Black, white, yellow, no one knows

But a child that will grow up and turn tears to

Laughter, hate to love, war to peace

And everyone to everyone’s neighbour and

Misery and suffering will be words to be forgotten forever

 

It’s all a dream and illusion now

It must come true, sometimes soon somehow

All across the land dawns a brand new morn

This comes to pass when a child is born

タイトルとURLをコピーしました